2011年12月アーカイブ

広島のご当地グルメと言えばお好み焼きでしょう。広島焼きとも言うと思いますが、私の母の実家が、広島にありましたので幼少期は、よく広島でおばあちゃんが広島焼きをつくってくれました。広島の人は大阪のお好み焼きのことを認めていないようですが、私からすると確かに広島のお好みも美味しいのですが、大阪のお好み焼きのほうが美味しいと思います人それぞれだと思いますが、その地域の味があるのでしょう。住み慣れた街の味はその地域の人にしかわかりません。

よく仕事で東京に行くとうどんの味がまったく違うのにビックリします。味が濃いとおもうのですが、東京の人は大阪のうどんは味がないと思うのでしょう。お好み焼きは日本の文化にもなっている料理だと思いますので今となってはどちらでもいいのですが、広島焼きは間違いなく広島のご当地グルメなのでしょう。

 

旅の楽しみはご当地グルメ

私は旅行が大好きです。
そこでの一番の楽しみはご当地グルメ。
ご当地グルメとは、その言葉のとおり、その場所でしか楽しむことのできないグルメ(おいしいもの)なので、旅行に行ったら、まずはガイドブックやインターネットできちんと調べて、可能な限りご当地グルメを堪能している私です。
いろいろなご当地グルメを楽しんできましたが、時間が足りなくて「あー、これを逃してしまって残念。
」なんて思いながら帰ってくることもありますね。
そんなときは、すぐに気持ちを切り替えて「次は、このお店に絶対行くぞ。
いつにしようかな?」なんて次の旅行の計画を始めたりもしています。
こんな食いしん坊の私ですが、どうしても「やっぱり、すぐにこれを食べたい。
」と思うときには、もうひと粘りして、「インターネットでご当地グルメのお取り寄せができないか?」という検討もしてみています。
意外と、お取り寄せできるグルメもあるようで、私としてはとても幸せです。

ご当地グルメを堪能したい人へ

世の中では、ご当地グルメというものが流行っていますが、そう簡単にご当地グルメの旅に出ることはできないものです。
世の中のご当地グルメを堪能したいのなら、私は地方のお取り寄せ商品サイトをお勧めしたいです。
各地の名産品などを宅配便で取り寄せることのできるサイトがたくさんあります。
こうすることで、ご当地グルメを自宅で味わうことができることでしょう。
芸能人も旅先で気に入った商品を見つけたら、お取り寄せすることがあるそうです。
中にはとても高給な品もありますが、送料無料となるものもあることから、まとめ買いして冷凍しておくという手もあります。
また、お中元やお歳暮の贈り物として、ご当地グルメの品を選んであげるのもきっと喜ばれることでしょう。
私は今、なかなか行くことのできな北海道のご当地グルメを味わってみたいと思っているところです。
北海道のご当地グルメはたくさんあることから、いくつかピックアップして取り寄せてみようと思っています。

私が旅で食べ歩きしたいご当地グルメはラーメンです。
ラーメンは肉類や魚介類などのこってりとしてボリュームのある料理と違って、全国どこにでもあり、かつ手頃な値段で食べられるものが多いからです。
そして私が旅で一度は食べ歩きしてみたいご当地のラーメンは、飛騨高山ラーメンです。
このラーメンは、濃い醤油味のスープが何とも美味しそうです。
高山ラーメンの元祖は戦前からある中華そばを元にしたもので、醤油ダレとスープを分けることなく1つの寸胴で煮込むという独特の調理方法が独特なのだそうです。
食べると喉が渇きそうですが醤油味が好きな私にはたまりません。
ちなみにこのラーメンは一年中食べられるということです。
飛騨高山に行ったら一度は食べてみたいです。
つぎに、名古屋に行ったら食べてみたいのは、台湾ラーメンです。
このラーメンは、1970年代、名古屋の台湾料理店の台湾人の店主が坦仔麺(タンツーメン)にアレンジを加えて作ったもので、唐辛子がたっぷり入った、かなり辛そうな赤いスープが特徴です。
食欲の出ない夏に食べるといいかもしれないですね。

食いしん坊は是非! ご当地グルメの旅へ!

毎晩夜ほんの数分間、有名タレントが色々な地方に出向いて
その地方の美味しい物を食べる番組があります。
これが多分、発祥となってか、「ご当地グルメ」というのは
かなり人気です。
デパートの物産展などでも各地の美味しい食べ物を紹介したり、
販売しているような場所に行くと、とても大盛況で皆さんが
「ご当地グルメ」を買い物しています。
同様に都内などにも沢山ある、各県のふるさと物産店などのアンテナショップも
かなりのにぎわいを見せています。
本来、食いしん坊の人ならば、色々な地域に出向いていって、
そこの土地の美味しいものを、フレッシュなうちにいただきたいのですが、
勤め人などをしていると、なかなかご当地グルメの旅には
出かけられないものです。
それでも上記に述べましたような、デパートの物産展や、故郷物産展、
各県のアンテナショップなどに出向いて、プチ ご当地グルメの旅を
楽しむことは可能です。
仕事帰りや、週末に、ふら~っと立ち寄って、プチ ご当地グルメして
満足する、というのも 楽しいものですよ♪

「ご当地グルメ」大好き

私は食べることが何よりも好きな34歳の主婦です。
日々の育児に追われる中、楽しみなのは「食べること」だけなんです。
そんな私が常日頃楽しみにしているのが、年に2回の家族旅行です。
子どもがまだ小さいので国内旅行にしか行けませんが、日本は何と言っても「食の宝庫」。
どこに行っても、とってもおいしい「ご当地グルメ」にありつくことができちゃうんです。
今まででおいしかった「ご当地グルメ」は、山寺の駅で売っていた「玉こんにゃく」です。
しょうゆベースで味付けられた球体のこんにゃくなのですが、とっても安い(200円くらい)のにおいしくて、その後の登山も楽しく出来ました。
また北海道で食べた「インカの目覚め」という名の黄金色のじゃがいもも格別でした。
じゃがいもというよりも、まるで栗のような甘さで、ステーキの添え物として出てきたのですが、ステーキよりもいもの方ばかり食べてしまうほどでした。
これからも家族3人で日本中の「ご当地グルメ」を探して食べ歩きたいと思っています。

ご当地グルメの旅はリフレッシュに最適

ご当地グルメの旅はリフレッシュするための旅として最適です。
そのため、リフレッシュを目的としてご当地グルメの旅をするのもよいでしょう。
どうせご当地グルメの旅をするならば、食べ物の美味しい場所を狙って旅行するとよいでしょう。
そうすることによって、美味しい食べ物をたくさん食べることができます。
また、ご当地グルメの旅を計画する場合には、自分の好みにあったご当地グルメをチョイスしたいものです。
自分にあったご当地グルメを選ぶことによって、幸せな旅を満喫できるでしょう。
ご当地グルメの旅の目的地を決めるような場合は、雑誌などを参考にするとよいでしょう。
旅行雑誌などにはお勧めのご当地グルメなどの特集がくまれている場合もあるので、旅先を決めるのにとても役立ってくれるでしょう。
最後にご当地グルメの旅で一番重要なのは、気持ちです。
ご当地グルメの旅を存分に楽しむという気持ちで旅に望むことによって最高の旅となることでしょう。

ご当地グルメを盛り上げて地域活性化

テレビの旅番組などでご当地グルメ が紹介されると、ついつい試しに食べたくなってしまうもの。
テレショップ目的な旅をあわせたテレビ番組も多く、ご当地グルメが手に入りやすくなっている。
某大手通販サイトなどでもコーナーを設けているが、その加盟店しだいなため、欲しいご当地グルメそのものがないケースが多い。
今もっとも人気のあるのがグルメグランプリだ。
例えばB1グランプリは毎回何十万人もの来場者を集め、開催地の経済効果やグランプリ受賞知育の経済活性化にも役立っている。
最近では全国大会でなく、地方大会、例えば埼玉や神奈川などでも、十万人以上の来場者があるぐらいだ。
会場へ行けば、今もっとも話題な、あるいは、間違いなくこれからブレイクするようなご当地グルメが集まっているからだ。
これらの上位入賞グルメは、間違いなく、テレビでも紹介され、また大手通販ショップにも並ぶことになる。
そのためか最近ではご当地あげてこれに取り組み、市町村の自治体まで後押しするようになった。
単なるメニューとしてのご当地グルメに目が行きがちだが、その原料になる食材も地元のものが使われていれば、地域産業には大きく貢献する。
器でもかまわない。
だからこそ自治体が前に出るなら、単なる売名としてのご当地グルメでなく、地域産業を考慮したご当地グルメ開発をしてほしいものだ。

ご当地グルメを、味わいたい。

最近、僕の住んでいる兵庫県の姫路市では、
B級グルメグランプリという企画が行われました。
何でも、全国で5,6回ぐらいの開催らしく、たくさんの人出で、
盛り上がったみたいです。
このB級では、震災のあった東北からも参加して、
屋台の料理を、振舞ったみたいです。
こういった全国のご当地グルメは、その地域ごとに、
それぞれ味も違い、珍しい食べ物もあるので面白いと思います。
そんなご当地のある地方では、熊肉を販売していて、それをすき焼きにして
食べる所があり、1度この熊肉を食べてみたいと思いました。
兵庫県の篠山市では、猪の肉が有名ですが、
まだ味わっていないので、ネットで取り寄せるのもいいと思います。
最近では、ネットで全国の食材を購入できて
便利な時代になったと思います。
北は、北海道、南は沖縄まで、いろんな食材がある事を知りました。
でも、旅をして、その地方の料理を味わうのには、
それなりのお金がかかります。
そんな人には、高速バスを利用してみましょう。
地方へ行く料金が、かなり安いので、費用も安く済むと思います。

ご当地グルメの旅は計画性が重要

ご当地グルメの旅をするということが決まったら、ご当地グルメの旅には何が重要なのかを考えておく必要があります。
ご当地グルメの旅をする上で重要な事柄はいくつかありますが、その中でも特に重要なのがご当地グルメの旅の計画です。
ご当地グルメの旅に限らず、旅には計画性がとても重要なのです。
まずは、どのようなご当地グルメを食べたいのかを考えてみましょう。
自分が食べたいご当地グルメを選ぶことは、ご当地グルメの旅成功のとても大切な要素です。
自分の食べたいものが決まったなら、次はそのご当地グルメの食べられる場所を決めます。
いくつかの場所をピックアップして、移動手段なども考慮した上で場所を決めていくとよいでしょう。
また、同行者がいる場合には、同行者の好みなども考えた上で目的地を決めることが、楽しい旅にするための秘訣です。
同行者がいる場合に自分本位の計画を立ててしまうと、楽しいはずの旅が台無しになってしまう可能性があるのです。

ご当地グルメの旅がしたい

ご当地グルメファンの私です。
ご当地グルメは、本当にはずれがなく、とても美味しいものばかりなので、ガイドブックを片手に、グルメめぐりをするのが私の旅の楽しみのひとつなのです。
昨年は、九州のとある温泉街に行きました。
グルメ情報誌には、おいしいお菓子のお店がたくさん掲載されていて、可能な限りまわりましたが、胃袋はひとつだし、時間も限られているので、さすがに全部を制覇することはかないませんでした。
旅行から戻って、なんだかやっぱりモヤモヤしている自分に気がつきました。
あー、やっぱりあそこのxxも食べておけばよかった。
そんあ気持ちがフツフツとこみ上げてきていたのです。
でも、私は東京に住んでいますので、すぐに九州に旅行するなんてかないそうにありませんでした。
それで、いろいろインターネットで調べてみたら、お取り寄せのできるお店だということがわかり、ちょっと安心しました。
これで、あのときの後悔がちょうけしにできそうです。

このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2012年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。